全日本空輸の子会社であるANAウイングスの国内線のフライトを利用

福岡空港から対馬空港までのフライト

福岡空港から対馬空港までのフライト : 飛行機は小型で100人乗り程度でした : 正確で安心できるフライトを体験出来ました

全日本空輸国内線では国内の幹線から地方の離島を結ぶ路線までさまざまなフライトがあります。
今回私は福岡空港から対馬空港までのフライトを利用しました。
福岡空港から対馬空港へは全日本空輸の子会社であるANAウイングスの乗務員並びに航空機を使用してのフライトです。
フライト時間はわずか30分という短いフライトです。

沖縄旅行楽しかったけど
まさか台風で帰れなくなるとは…

自然災害だし、しょうが無いけど。
とりあえず飛行機飛ぶかなぁ😔?

今日も帰れないとなると7日だな。
明日のキャンセル待ちは213番目
ほぼほぼ、無理でしょうね。って
ANA受付で言われたからなぁ🙄 pic.twitter.com/p7TBeKbLEh

— みい坊 (@miiibo530) 2018年10月4日
福岡空港は以前は行き先や航空会社によりターミナルが別れていましたが、今は一体化するために改装工事を行っています。
そのため案内に従って進めば問題なく搭乗口に向かうことができます。
改装工事のためにターミナルから直接飛行機に搭乗できるボーディングブリッジの数が限られており、東京に向かうフライトなど、比較的大型機を優先に使用しています。
そのため、対馬行きのフライトもボーディングブリッジではなく、バスを利用して航空機に向かうスタイルでした。
搭乗口は10番というアナウンスがありました。
改装工事中の福岡空港では、バスを利用して航空機に向かうフライトのほとんどは10番搭乗口という案内になっています。
そのため、10番搭乗口のモニターにはさまざまな目的地へ向かう旅客が集まります。
案内放送を聞いて搭乗時刻などを間違わないようにすることが大事と思いました。

ANAANA(全日空)の国内線国内格安航空券予約はスカイチケット